c@lɂ݂Ȃ

にいがたからみんなえがおに田植えツアー2013 当日レポート


10163_374999689268548_772104375_n
 
 
2013.06.02 sun
 
今年も福島の方々との米作りを始めることが出来ました。
今日は田植えでした。
去年の田植えに参加出来なかった俺は人生初の田植えでした。
田んぼ作業ベテランの福島の方々は、本当に早い!
機械!?と思わせるほど(笑)

とにかくみんな明るいんです。
こっちは初心者で作業にいっぱいいっぱいだからなのかもしれませんが、喋る余裕なんてない状況の中、ワイワイ!ギャハギャハ!って感じなのです。

田植え作業はかなり腰を酷使します。
腰痛持ちの俺の腰は悲鳴を上げてました…
『いやぁ~腰いてぇ~』と体を伸ばした時、福島の方々はほぼ爆笑に近い笑顔でした。

『こんしょらほんとに被災地から来たがーろっか(笑)』

俺の心の中には、こんな台詞が流れていました。
俺らは、本当に元気をもらっています。
これが「支援」という言葉になかなか馴染めない理由のひとつだと思います。

共に田んぼの中に入り
共に現状を語らい
共に笑い
共にメシを食う
そんな時間を共有し、積み重ねることで
俺らは生きる強さを学ばせてもらっているのだと思います。

俺の好きなDef TechのMicroが唄ってます。
『本当の優しさ強さとは、鈍くなる事とは違うのさ』と。

帰り際、『また会いましょう!次は草刈りだね!』と握手を交わしてきました。
今が有ることは難しいということを
明日は当たり前じゃないということを
「また」という言葉の重さを
考えずにはいられないけど、どうしても言いたくなるこの絆は
俺にとってとんでもなくかけがえのないものになっています。

 
 
渡辺 大輔