c@lɂ݂Ȃ

NPO法人設立経緯

キャンドルアーティストCandle JUNEは

甚大な被害をもたらした2004の年新潟県中越地震、

その震源地である新潟県旧川口町をその翌年から訪れ、

それから5年間毎年地元の方達と共に

震災復興イベントにて祈りのキャンドルを灯してきました。

私達はそのイベントを通して町の方たちと共に活動してきた結果、

復興から更なる発展の様々な可能性を考えられるようになりました。

今では会場となったピクニック広場には小林崇氏制作によるツリーハウスが建ち、

また昨年の10月23日には復興イベントから進化した野外フェスティバル

「SONG OF THE EARTH」と追悼式典の開催と同時に

「復興フェニックスの灯り」と題された旧川口町、長岡市、魚沼市、小千谷市で

同時開催される追悼イベントに参加し

各地をCandle JUNEのロウソクの灯で繋ぐことが出来ました。

私達は今後も旧川口町にとどまらず、各地域の若者やご年配の方々と共に

川口から生まれた復興の灯を他の被災地へと繋げていき、

連携を持って震災復興からさらなる発展の形を見いだすことを目指す団体を

立ち上げることとなりました。